ubuntu at u-aizu

SkypeとPulseAudioとの共存

Linux用のSkypeは、Ubuntuシステムでも利用可能である。しかしこれには大きな問題がある。
8.04以降Ubuntuでデフォルトのサウンドサーバとして導入されているPulseAudioとは、互換性がないのである(2.0版。バージョン2.1ベータは問題なく、むしろPulseAudioがないと動かないので、以下は実行する必要はない。)。このため、8.04などを使っていて、PulseAudioを削除したくない場合には、以下のようにする。

(1) まず、以下のようなファイルを作成する。このファイルは、シェルスクリプトである。

#!/bin/sh # temporarily pause pulseaudio so I can use Skype or whatever pasuspender -- /usr/bin/zenity --info --text "Click OK to resume Pulseaudio"

(2) 上記のファイルに実行権を与える。Nautilusのファイルのプロパティ欄から操作してもよいし、以下のようにコマンドラインで与えてもよい。

chmod +x [ファイル名]

(3) 今度は、Skype側で以下のようにする。

  1. まず、Skypeの左下の「S」マークを左ボタンでクリックして「オプション」を選択するか、[Ctrl]+[O]を押してオプション画面を選択する。
  2. 左側から「通知」を選択する。
  3. 「アドバンスドビュー」ボタンを押す。
  4. 「受信通話の呼び出し中」を選ぶ。
  5. いちばん下にある「次のスクリプトを実行する」のチェックボックスをクリックして、この欄に入力ができるようにする。
  6. 上記のファイル名を入力する。
  7. 「適用」ボタンを押す。
  8. 今度は、「送信通話の呼び出し中」を選ぶ。
  9. 同様に、「次のスクリプトを実行する」のチェックボックスをクリックし、上記のファイル名を入力する。
  10. 「適用」ボタンを押す。
  11. 「キャンセル」をクリックし、詳細オプション設定画面を抜ける。
以上を実行すると、通話をしようとしたとき、または着信したときにダイアログボックスが出て、PulseAudioの実行が一時停止する。その間はSkypeでの通話が可能である。通話が終わったらダイヤログボックスの「OK」ボタンを押せば、再び普通に音声の出力が可能になる。


トップへ戻る